Tag Archives: Kyoto

苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7558 苔寺(西芳寺)いってきた

ついに念願の苔寺へ行ってきた。

苔寺を拝観するには往復はがきで事前予約が必要な上に、参拝冥加料は3000円するという敷居の高さで、行きたいとは思いながらも、今まで先延ばしにしていたのだった。

最近のろけ話でニヤニヤがとまらない某たくみんの家に前泊。張り切って朝出かけたら、苔寺の参拝は午後1時からなのに、9時にバス停についちゃう。せっかくなので散策しようと、鈴虫寺へ。

DSC 7466 苔寺(西芳寺)いってきた

鈴虫寺、多いときは人が門前の長い階段の下まで並ぶそうなのだけど、朝早くだと並ばずはいれた。

部屋の中へ入って、お茶とちっちゃい茶菓子を食べながら、ふんふんお坊さんのお話を聞く。

その間もひっきりなしに鈴虫がりりりりりんと鳴いている。鈴虫くさい。

ゆとり世代にはなかなか実践のムズカシイお話を聞いた後、電球の光る虫かごにワシャワシャいる鈴虫ながめてから、お庭を見学。

まだまだ時間があったので、月読神社と松尾大社へ参拝した。地蔵院は某たくみんが行ったことあるそうで、今回は行かず。

DSC 7495 苔寺(西芳寺)いってきた

松尾大社の立派なタヌキさん。

DSC 7504 苔寺(西芳寺)いってきた

たくさんの酒樽に、七五三でちっちゃい子と嬉しそうなお爺ちゃんがちらほら。千歳飴食べたい。

DSC 7497 苔寺(西芳寺)いってきた

昼ごはんを食べてから、いよいよ苔寺へ。

午後1時よりだいぶ早くに門が開く。はやめに行ったほうがいいかもしれない。

DSC 7538 苔寺(西芳寺)いってきた

靴を脱いで本堂へ入り、写経机に座った人から写経を始めていいと案内される。

届いた参拝証には「細筆をご持参ください」と書かれてあり、筆ペンを買って事前に般若心経の練習をしていたのだけれど、ちゃんと写経机の横には、硯と筆が置いてあった。筆ペンと違って、筆で書く般若心経ムズカシイ。字がべちょっとなる。薄かったので、ゴリゴリ墨をすって濃いめで書いていたら、手が黒くなった。

13時になると写経の手をとめて、みんなで般若心経を3回、早口言葉みたいなスピードで唱和する。3回目になるとリズムがとれてきて、お経よむのが楽しくなってくる。「ぎゃあていぎゃあていはーらーぎゃーてーはらそーぎゃーてーぼーじーそわかー」

唱和が終わって続き書きはじめると、となりの某たくみんは、早々にあぐら組んでリラックスしながら書いていた。前に座ってる人は正座を我慢しているのかウネウネウネウネと動くので、なんだか集中できず。

書き終えた人から、真ん中の台に提出して、手を合わせて、お庭をみにいく。

DSC 7570 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7573 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7578 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7579 苔寺(西芳寺)いってきた

モコモコしていてコケコケしかった。

DSC 7586 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7591 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7587 苔寺(西芳寺)いってきた

お庭をゆったり歩いていると、事前予約っていうのは正しいなと思った。

他のお寺みたいに観光客がたくさんくると、庭を維持できないだろうし、雰囲気もなくなってしまうもん。

DSC 7651 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7626 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7679 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7675 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7678 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7686 苔寺(西芳寺)いってきた

素敵なコケコケを堪能して、帰宅。

写経もっと書きたかったなあと不完全燃焼さが残ったので、某たくみんの手に書いた。

耳なし芳一ごっこ。

二の腕から書き始めたのだけれど、くすぐったいらしくて、じっとしていてくれない。

仕方なく手に書いた。全身に筆でお経を書かれた耳なし芳一は、きっと、こちょばがりではなくて、忍耐強い人だったのだと思う。

DSC 7721 苔寺(西芳寺)いってきた

われながら上手く書けた気がする。ボールペン字練習帳の効果発揮!

DSC 7725 苔寺(西芳寺)いってきた

ちゃんと278文字?書ききった。疲れた。

なかなかの気持ち悪さに仕上がった。

写経したらお腹が減ったので、この手のまま、一緒にご飯食べに行った。

DSC 7729 苔寺(西芳寺)いってきた

苔寺に行った他の友人によると、宗教行事が写経じゃない日もあるらしい。写経をするには、とっても雰囲気満点で集中できる泉涌寺のほうがいいと思った。

苔寺の参拝予約は、「西芳寺参拝係」〒615-8286 京都市西京区松尾神ヶ谷町56、宛に、一週間前までに希望日、人数、氏名、住所、電話番号を往復ハガキに書いて送ると、返信されてくるハガキが参拝証になる。一番下のホームページを参考にしてハガキだしました。

苔寺いく][鈴虫寺いく][耳なし芳一ごっこする]完了。

鈴虫寺:http://www.suzutera.or.jp/

松尾大社:http://www.matsunoo.or.jp/index-1/index.html

苔寺(京都府観光ガイド):http://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=9525&r=1331435184.882

苔寺参拝について(京都旅のしおり):http://tabinoshiori.web.fc2.com/kokedera.html


穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 5966 穴太寺で彼岸花みてきた

とよのコスモスの里に行ったあと、彼岸花をみたいというばあちゃんのリクエストに答え、20分ほど車を走らせて、京都府亀岡市の穴太寺へいきました。

亀岡に入るとたくさん彼岸花が咲いいており、田んぼの色に毒々しい真っ赤なコントラストの広がりは初めて見る光景でした。

穴太寺(あなおじ、と読むらしい)の駐車場に停めて、お寺に行ってみました。

DSC 5976 穴太寺で彼岸花みてきた

西国三十三所のお寺だそうで、巡礼にきている人も。

御朱印の場所では、黒い筒からまきまきした掛け軸?を出して、書いてもらっていた。

なんと机にはドライヤーがおいてあって、書いてもらった御朱印をすぐに乾かせるようになっている。

笠をかぶって、ぶふぉーとドライヤーで乾かしている姿はシュール。

DSC 5984 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6000 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6014 穴太寺で彼岸花みてきた

彼岸花は、穴太寺より南側の田んぼのあぜ道に咲いている。

農作業していたおっちゃんいわく、ずーっと昔から咲いているそう。

高そうなカメラをもった人がたくさんいて写真を撮っていた。僕もばあちゃんと歩きながら、小さいカメラでその仲間入り。

DSC 6019 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6028 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6036 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6049 穴太寺で彼岸花みてきた

彼岸花の時期は遅かったらしく、もうところどころ枯れかけていて、黒ずんでいたり、白くなっていたり。

DSC 6065 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6071 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6075 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6086 穴太寺で彼岸花みてきた

・穴太寺(亀岡観光協会):http://www.kameoka.info/seeing/shrines-temples/anaouji.php

 


足腰の神様、護王神社いってきた

DSC 4364 足腰の神様、護王神社いってきた

護王神社に行ってきた。ばーちゃんが膝の手術をすることになったので、お守りを買うため、ネットで足の神社を調べていたら護王神社にいきついた。

護王神社は京都御所のすぐ西隣、烏丸下長者にある。京都に住んでたときは、前を通って近くの九里九馬に何度も定食食べに行っていたのに、神社の中に入ったことはなかった。

入ってみると猪だらけ。狛犬も猪だし、水も猪の口から出てくる。

DSC 4367 足腰の神様、護王神社いってきた

DSC 4378 足腰の神様、護王神社いってきた

いのししコレクションや、いののしの形の木まで置いてある。

こんなにたくさん猪がいるのは、この神社にお祀りされている和気清麻呂が、刺客に襲われたとき、どこからか猪300頭が出てきて助けてくれたかららしい。その猪が去ったあと、和気清麻呂の痛めていた足が不思議と治ったそう。それで、足腰の御利益があるのだとか。どこからか猪300頭って・・・。

DSC 4379 足腰の神様、護王神社いってきた

お守り買って帰った。こまいのししってなんだかシュール。よくみたらカワイイ。

DSC 4380 足腰の神様、護王神社いってきた

・護王神社:http://www.gooujinja.or.jp/

 


大原の足湯カフェいってきた

DSC 0005 大原の足湯カフェいってきた

京都、大原に足湯カフェがあると噂を耳にし、突然思い立って京阪出町柳から大原行きのバスに乗った。

DSC 0021 1 大原の足湯カフェいってきた

バスを降りて寂光院の方向に歩いていくと、なかなかの雰囲気。雨上がりはよいもの。

DSC 0022 大原の足湯カフェいってきた

DSC 0033 大原の足湯カフェいってきた

10分ほど歩くと足湯カフェに着く。足湯カフェはお店に併設されてて、レジで注文すると飲み物とタオルを持ってきてくれる。

DSC 0044 大原の足湯カフェいってきた

足湯に入りながらほっこり梅酒飲んでいると、足だけじゃなく温泉に浸って全身温まりたい衝動を抑えられなくなっちゃう。もう少し早い時間だったら間違いなく、誘惑に負けて温泉に入っていたはず。罠だ。

DSC 0101 大原の足湯カフェいってきた

DSC 0081 大原の足湯カフェいってきた

DSC 0138 大原の足湯カフェいってきた

時間がなく寂光院にはいかず。

DSC 0025 大原の足湯カフェいってきた

帰り道にはお味噌屋さんがあった。試飲できるポットに入ったお味噌汁が超美味しい。美味しすぎて驚愕する。次行ったら絶対買って帰りそう。高いけど。

DSC 0145 大原の足湯カフェいってきた

DSC 0172 大原の足湯カフェいってきた

お食事処「たんば茶屋」に寄った。たくさんコタツがあって、外の景色を見ながら食事できる。

足湯や炬燵やと、足をあたためてばっかり。

DSC 0185 大原の足湯カフェいってきた

田舎定食食べた。美味しい。

DSC 0166 大原の足湯カフェいってきた

コタツには謎の占いがあって、あやうく無駄遣いするところだった。

大原がお気に入りの場所になってしまった。

・京都バス:http://www.kyotobus.jp/

・大原山荘 足湯カフェ:http://www.ohara-sansou.com/foot.htm

・たんば茶屋:http://tabelog.com/kyoto/A2605/A260502/26001811/