Tag Archives: Japan

大山のぼった

DSC 7868 大山のぼった

大山のぼった。鳥取にある百名山。

ビンタフェチのNが終電でやってきて、深夜に大阪を出発。中国道、米子道に乗ると3時間ちょっとで大山につくそうなのだけど、高速代をケチって下道で行った。うねうねする山道をピューと走ること5時間ほど?、途中すこし仮眠したけれど、大山に着く前にはグロッキーになってしまった。

朝は、鳥取に踏み入れると必ず目にするコンビニ「ポプラ」で弁当を買って食べる。ポプラのお弁当売り場は、おかずだけが並べてあって、それをレジに持って行くと、お店で炊いたご飯を別の容器に大盛り入れてもらえる。ご飯ふっくらしてて美味しい。関西にももっとポプラがあればいいのに。

運転疲れに眠気、寒いし、お腹パンパンの状態で、朝の7時大山入り。大山情報館の駐車場に停める。

車は殆どとまっておらず、大山情報館も8時からでまだ開いてなかった。

DSC 7876 大山のぼった

大山って観光地でひらけてるなーと思った。お土産屋さんらしきお店がたくさんある。

DSC 7922 大山のぼった

登山届を書いて出発。紅葉ははじまりかけ。

DSC 7937 大山のぼった

DSC 7969 大山のぼった

DSC 7988 大山のぼった

コースがクネクネしておらず、山頂に一直線の道だから、すっごく速く登れちゃう。

◯合目の看板が次々でてくる。階段は急だけれど。

DSC 8002 大山のぼった

DSC 8016 大山のぼった

DSC 8025 大山のぼった

天気が悪くて風景を楽しめなかったのだけれど、ここからの展望は「すごい!!!」って2人で声をあげた。行者谷コースとの分かれ目の場所で、綺麗な紅葉の向こうに、土石流が流されたような、天然のダムのような光景。写真うまく撮れず。

DSC 8034 大山のぼった

DSC 8068 大山のぼった

DSC 8071 大山のぼった

7合目で視界がなくなる。なーんにもみえない。

風がゴウゴウと吹いて、ミストっぽい霧だらけ。マイナスイオンなのか。

DSC 8117 大山のぼった

景色を楽しみにしていた木道もご覧のとおり。

これはこれで、異世界へ続く道のようでかっこ良かったけれど。

DSC 8124 大山のぼった

ビンタフェチのNが霞む。

DSC 8126 大山のぼった

避難小屋がうっすら見えたけど素通りして山頂へ。

DSC 8140 大山のぼった

2時間ぐらいで登れた。

何もみえないし、とっても寒いので、駐車場で拾った1人1石運動?の石を置いてから、すぐに小屋に避難。

DSC 8153 大山のぼった

小屋の外の温度計は2度。めちゃくちゃ寒い。プルプル震える。

UCCコーヒー博物館で買ったコーヒー飲んで、羊羹食べて、豚汁うどん食べる。

コーヒー、入れたそばからすぐ冷めた。

DSC 8165 大山のぼった

寒いの我慢して、なんとか小屋を出発し、下山。

下りはたくさん人とすれ違う。悪天候なのに登山者多い。

DSC 8326 大山のぼった

登山口あたりをフラフラしていると、妖怪天井!のような看板があり、つられて入ってしまった。

圓流院。

看板をみて想像してたのとぜんぜん違う!豪華!妖怪だらけ!素敵な絵も飾ってある。

DSC 8327 大山のぼった

ほんとに天井が、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪。

お坊さんがとっても優しくて、「参拝したら足を伸ばして寝転んでいいよ。ごゆっくり」というもんだから、居座ってしまった。

妖怪は自然の精らしく、人間が怠けたりするのを戒めてくれているのだとか。

DSC 8356 大山のぼった

DSC 8359 大山のぼった

「えを画いて下さい」とあったので、かいちゃった。

DSC 8357 大山のぼった

「え」の妖怪。つまさきも「え」になってるというこだわりよう。

われながら、上手くかけたと思う。カワイイ。

圓流院でのんびりした後は、モンベルの服着たまま、モンベル大山店に行き、足湯に浸かり、おみやげをみて、昼ごはん食べて、皆生温泉に入り、仮眠して、下道で帰ろうとするも、途中から諦めて高速に乗ってしまった。

結局、大山は雲に隠れていて、登ることは登ったものの、どんなかたちの山か全く見ることができなかった。伯耆富士、みたかったのになー。

山に登ったことよりも、運転している時間のほうが遥かに遥かに長かったのでした。

大山登る]完了。

大山町観光サイト:http://www.daisen.gr.jp/

圓流院:http://www.enryuin.jp/


苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7558 苔寺(西芳寺)いってきた

ついに念願の苔寺へ行ってきた。

苔寺を拝観するには往復はがきで事前予約が必要な上に、参拝冥加料は3000円するという敷居の高さで、行きたいとは思いながらも、今まで先延ばしにしていたのだった。

最近のろけ話でニヤニヤがとまらない某たくみんの家に前泊。張り切って朝出かけたら、苔寺の参拝は午後1時からなのに、9時にバス停についちゃう。せっかくなので散策しようと、鈴虫寺へ。

DSC 7466 苔寺(西芳寺)いってきた

鈴虫寺、多いときは人が門前の長い階段の下まで並ぶそうなのだけど、朝早くだと並ばずはいれた。

部屋の中へ入って、お茶とちっちゃい茶菓子を食べながら、ふんふんお坊さんのお話を聞く。

その間もひっきりなしに鈴虫がりりりりりんと鳴いている。鈴虫くさい。

ゆとり世代にはなかなか実践のムズカシイお話を聞いた後、電球の光る虫かごにワシャワシャいる鈴虫ながめてから、お庭を見学。

まだまだ時間があったので、月読神社と松尾大社へ参拝した。地蔵院は某たくみんが行ったことあるそうで、今回は行かず。

DSC 7495 苔寺(西芳寺)いってきた

松尾大社の立派なタヌキさん。

DSC 7504 苔寺(西芳寺)いってきた

たくさんの酒樽に、七五三でちっちゃい子と嬉しそうなお爺ちゃんがちらほら。千歳飴食べたい。

DSC 7497 苔寺(西芳寺)いってきた

昼ごはんを食べてから、いよいよ苔寺へ。

午後1時よりだいぶ早くに門が開く。はやめに行ったほうがいいかもしれない。

DSC 7538 苔寺(西芳寺)いってきた

靴を脱いで本堂へ入り、写経机に座った人から写経を始めていいと案内される。

届いた参拝証には「細筆をご持参ください」と書かれてあり、筆ペンを買って事前に般若心経の練習をしていたのだけれど、ちゃんと写経机の横には、硯と筆が置いてあった。筆ペンと違って、筆で書く般若心経ムズカシイ。字がべちょっとなる。薄かったので、ゴリゴリ墨をすって濃いめで書いていたら、手が黒くなった。

13時になると写経の手をとめて、みんなで般若心経を3回、早口言葉みたいなスピードで唱和する。3回目になるとリズムがとれてきて、お経よむのが楽しくなってくる。「ぎゃあていぎゃあていはーらーぎゃーてーはらそーぎゃーてーぼーじーそわかー」

唱和が終わって続き書きはじめると、となりの某たくみんは、早々にあぐら組んでリラックスしながら書いていた。前に座ってる人は正座を我慢しているのかウネウネウネウネと動くので、なんだか集中できず。

書き終えた人から、真ん中の台に提出して、手を合わせて、お庭をみにいく。

DSC 7570 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7573 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7578 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7579 苔寺(西芳寺)いってきた

モコモコしていてコケコケしかった。

DSC 7586 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7591 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7587 苔寺(西芳寺)いってきた

お庭をゆったり歩いていると、事前予約っていうのは正しいなと思った。

他のお寺みたいに観光客がたくさんくると、庭を維持できないだろうし、雰囲気もなくなってしまうもん。

DSC 7651 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7626 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7679 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7675 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7678 苔寺(西芳寺)いってきた

DSC 7686 苔寺(西芳寺)いってきた

素敵なコケコケを堪能して、帰宅。

写経もっと書きたかったなあと不完全燃焼さが残ったので、某たくみんの手に書いた。

耳なし芳一ごっこ。

二の腕から書き始めたのだけれど、くすぐったいらしくて、じっとしていてくれない。

仕方なく手に書いた。全身に筆でお経を書かれた耳なし芳一は、きっと、こちょばがりではなくて、忍耐強い人だったのだと思う。

DSC 7721 苔寺(西芳寺)いってきた

われながら上手く書けた気がする。ボールペン字練習帳の効果発揮!

DSC 7725 苔寺(西芳寺)いってきた

ちゃんと278文字?書ききった。疲れた。

なかなかの気持ち悪さに仕上がった。

写経したらお腹が減ったので、この手のまま、一緒にご飯食べに行った。

DSC 7729 苔寺(西芳寺)いってきた

苔寺に行った他の友人によると、宗教行事が写経じゃない日もあるらしい。写経をするには、とっても雰囲気満点で集中できる泉涌寺のほうがいいと思った。

苔寺の参拝予約は、「西芳寺参拝係」〒615-8286 京都市西京区松尾神ヶ谷町56、宛に、一週間前までに希望日、人数、氏名、住所、電話番号を往復ハガキに書いて送ると、返信されてくるハガキが参拝証になる。一番下のホームページを参考にしてハガキだしました。

苔寺いく][鈴虫寺いく][耳なし芳一ごっこする]完了。

鈴虫寺:http://www.suzutera.or.jp/

松尾大社:http://www.matsunoo.or.jp/index-1/index.html

苔寺(京都府観光ガイド):http://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=9525&r=1331435184.882

苔寺参拝について(京都旅のしおり):http://tabinoshiori.web.fc2.com/kokedera.html


羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7284 羊蹄山のぼった(後編)

9合目まではスイスイ登ったのに、ここからがとっても大変だった。

DSC 7276 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7291 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7305 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7308 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7314 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7319 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7323 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7325 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7330 羊蹄山のぼった(後編)

御釜に到着。真狩コースから登ると、本当の山頂はちょうど反対側にある。

ここから右周りで山頂に向かうと岩場だらけの道、左周りはそれに比べて平坦で楽な道だった。

僕らはなにも知らずに御釜を一周してしまい、ものすごい時間がかかった。

おそらく安全に速く往復するには、左回りで山頂に行き、同じ道を引き返してくるのがいいみたい。

DSC 7339 羊蹄山のぼった(後編)

奥に見えるのは洞爺湖?

DSC 7342 羊蹄山のぼった(後編)

凍って滑りそうなゴツゴツした岩場を、ゆっくり慎重に歩く。

DSC 7349 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7351 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7353 羊蹄山のぼった(後編)

雪の芸術祭みたい。

DSC 7357 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7358 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7359 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7365 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7366 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7381 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7382 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7387 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7395 羊蹄山のぼった(後編)

やっと山頂到着。風が轟々していて寒い。

山頂の雪でコーヒー沸かして飲む!と決めていたのに断念。

DSC 7397 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7399 羊蹄山のぼった(後編)

立っていられないぐらいの強風がピューピュー吹いた。マトリックスごっこした。

DSC 7402 羊蹄山のぼった(後編)

これだけ風が強けりゃ、こんなふうに逆立って凍るわなと納得。

DSC 7405 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7406 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7409 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7410 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7412 羊蹄山のぼった(後編)

行きと違って、ササッと真狩下山ルートへ到着。

なんか雲が出てきたなーと思ったら、一気に天候が変わり、下山はもやもやだった。

DSC 7417 羊蹄山のぼった(後編)

DSC 7418 羊蹄山のぼった(後編)

素晴らしい景色を堪能して、クタクタになりながら、初の本格的登山を終えた。

百名山難易度では、羊蹄山☆、伊吹山☆☆だったのに、雪のせいなのか羊蹄山のほうがはるかに大変で、かなり時間かかっちゃった。

ただ、さらにクタクタに追い打ちをかけたのは、札幌までの帰り、中山峠のめちゃくちゃ長い渋滞。時間があまりなく、登山後の温泉に入ることはかなわず。

紅葉に雪に、忘れられない素敵な北海道の山デビューになりました。

羊蹄山登る]完了。

・羊蹄山情報(倶知安町):http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/town/syoukoukankouka/kankou/youtei/youteizan-information-top.jsp

・後方羊蹄山の天気:http://season.tenki.jp/season/mountain/famous100/point-109.html

・山小屋管理人の方の日記:http://www6.ocn.ne.jp/~jinriki/index.htm

・百名山(後方羊蹄山):http://www.momonayama.net/hundred_mt_individually_data/course_data/course_data-009.html


羊蹄山のぼった(前編)

DSC 6739 羊蹄山のぼった(前編)

羊蹄山(後方羊蹄山)に登った。蝦夷富士と呼ばれる1898mの百名山。

北海道の山は恐いイメージで、ソワソワしながら準備する。ちゃんとしたレインウェアにアンダーウェアとタイツ買っちゃう。

コースは4コースあり、そのなかでも一番難易度が低いらしい真狩コースをスタート。真狩キャンプ場にある登山者用駐車場に車を停めて、朝6時前に出発。もう太陽が出ていて、山がオレンジ色に。

前日、めちゃくちゃ悪天候だったのが嘘のようないい天気で、全く雲がなかった。

DSC 6762 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 6790 羊蹄山のぼった(前編)

寒いと思って厚着したのに、登りだすと暑すぎちゃってすぐに薄着に。

出発の時の服装は肌寒いぐらいがちょうどいいって何かに書いてあったけど、なるほどと思った。

DSC 6769 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 6812 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 6826 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 6822 羊蹄山のぼった(前編)

北海道は10月前半にしてもう紅葉。

陽の光が差し込んでくると、葉っぱがピカピカする。

朝日に照らされる紅葉ってキレイ。

DSC 6836 羊蹄山のぼった(前編)

お御足きちゃない。スパッツの必要性を感じた。

登山靴にザックにレインウェア、山用パンツ、アンダーウェアを揃えたので、次はスパッツ購入!

DSC 6829 羊蹄山のぼった(前編)

3合目を過ぎたあたりで山頂がチラチラ見えだす。

これが本当の山頂じゃないことを知るのは、もう少し後のはなし。

DSC 6857 羊蹄山のぼった(前編)

キラキラした登山道を歩いていくと、4合目付近で景色がひらけた。

DSC 6888 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 6918 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 6963 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 6964 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7005 羊蹄山のぼった(前編)

順調に7合目。さっきまでの紅葉ゾーンとは、がらりと変わって雪景色。

ふだん雪なんかみないので、はしゃいじゃう。

DSC 7022 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7074 羊蹄山のぼった(前編)

樹氷!?前日の雨のせいか、木に氷の塊がたくさん。

北海道の人には普通なのかも知れないけれど、関西人はこんな光景をみただけで感動ものだった。

DSC 7095 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7097 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7100 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7113 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7122 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7133 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7130 羊蹄山のぼった(前編)

この木の枝の氷が、太陽の光で溶けて頭に大量に降ってくる。

シャリシャリシャリー、バサバサバサって落ちてきて攻撃される。

DSC 7135 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7169 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7191 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7186 羊蹄山のぼった(前編)

圧巻な光景に、もうこれだけで帰ってもいいねー、となる。

DSC 7188 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7212 羊蹄山のぼった(前編)

横にシャキーンと凍っていて不思議だった。食べるとかき氷みたいだった。

DSC 7218 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7222 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7230 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7234 羊蹄山のぼった(前編)

DSC 7248 羊蹄山のぼった(前編)

ところどころ木に邪魔されて、しゃがんだりしながら歩くと、やっと9合目。

DSC 7257 羊蹄山のぼった(前編)

避難小屋にはいかずに、山頂を目指す。

DSC 7259 羊蹄山のぼった(前編)

興奮して写真撮りすぎちゃったので、後編へ。

・羊蹄山情報(倶知安町):http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/tourism/yoteizan/

・後方羊蹄山の天気:http://season.tenki.jp/season/mountain/famous100/point-109.html

・百名山(後方羊蹄山):http://www.momonayama.net/hundred_mt_individually_data/course_data/course_data-009.html

 


ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6235 ニセコ・神仙沼いってきた

6月の富良野旅行に続き、またしても3月に予約していた1000円ピーチに乗って北海道へ行ってきました。

羊蹄山登山の予定だったものの、朝から雨でとっても寒かったので、二度寝してニセコ観光することに。

高橋牧場ミルク工房からみた羊蹄山は、ほとんど雲の中。天気の悪さに今日は登らなくてよかったーと思いました。

DSC 6252 ニセコ・神仙沼いってきた

ミルク工房、9時半のオープンすぐに駐車場がいっぱいになって、シュークリーム買うのに並ぶほど。

箱買いしていくお客さんに混じって、シュークリーム1コ購入。めっちゃカスタード詰まってる。これで150円なんて安い。

DSC 6255 ニセコ・神仙沼いってきた

アイスも食べた。ミルク味とストロベリーヨーグルト。UHA味覚糖の特濃ミルク飴みたいな濃厚さです。

DSC 6268 ニセコ・神仙沼いってきた

牛の立派なおっぱい写真には、「贈 ㈱ホルスタイン・マガジン社」の文字が。そんな会社があるなんて、さすが北海道。

DSC 6272 ニセコ・神仙沼いってきた

お土産みたり、プロスキーヤーの方のアウトドアショップで話を聞いたりと、高橋牧場を堪能したあとは、神仙沼へ。

DSC 6303 ニセコ・神仙沼いってきた

けっこう激しい雨の中、神仙沼の駐車場には何台か観光バスが停まっていて団体さんがいっぱい。

羊蹄山を登る準備のままきたので、雨のなかでも傘ささずにスイスイ木道を歩いた。

途中、スカートでハイヒールな女子とすれ違い、自分たちの服装とのギャップに笑っちゃう。

DSC 6306 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6325 ニセコ・神仙沼いってきた

団体さんが後ろから傘をさして小走りで追いかけてきたので、先に長沼へ。

DSC 6331 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6346 ニセコ・神仙沼いってきた

静かーな沼でした。

DSC 6364 ニセコ・神仙沼いってきた

もときた道を戻って、神仙沼へ。

DSC 6426 ニセコ・神仙沼いってきた

ピカピカ金色に囲まれた木道を歩きます。とっても綺麗。

DSC 6452 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6451 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6460 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6500 ニセコ・神仙沼いってきた

てくてく歩いて神仙沼。

DSC 6525 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6543 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6557 ニセコ・神仙沼いってきた

霧が深くって幻想的な光景でした。

DSC 6559 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6588 ニセコ・神仙沼いってきた

風が吹いて一瞬晴れる。

DSC 6614 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6619 ニセコ・神仙沼いってきた

DSC 6629 ニセコ・神仙沼いってきた

なんとかヌプリ山。山道をとおって倶知安町(くっちゃん)に泊まり、次の日の羊蹄山登山へ。

・高橋牧場ミルク工房:http://www.milk-kobo.com/

・神仙沼:http://www.town.kyowa.hokkaido.jp/kanko/kanko1_1.html