Tag Archives: ボールペン字

文通はじめました

DSC 5103 文通はじめました

夏休みの宿題と銘打ったボールペン字練習帳を一冊終えると、無性にお手紙が書きたくなった。僕がやり終えた練習帳には、封筒の宛名の書き方や、拝啓など頭語の練習もあった。今までより少しは綺麗な字が書けるようになった自信はあったので、実践というか、実際に書いてみて送りたい欲が、ふつふつ湧いてきたのだ。

で、某たくみんとご飯食べに行ったとき、ロフトで便箋と封筒買うのに付いてきてもらい、「手紙送ったら返事くれる?」と聞くと、「いいで。」と答えてくれたので、早速送りつけた。

頻繁にLINEやメールでやりとりしている友人に送る手紙なんて、何を書くことがあるのか。

だけど、書いてみると、お手紙はLINEやメールとは別物で、とっても新鮮。「拝啓 朝夕はめっきり涼しくなりましたが、いかがおすごしですか。」と、頭語に時候の挨拶もいれて、少しあらたまって書いてみる。次、会ったときどこに行くかなんて、メールで送れば一瞬。でも、手紙は一瞬で消費されるものではないから、ちゃんと考えて書きました感があるし、早く返事こないかなこないかな、とわくわくしちゃう。

「拝啓、」と、手紙を書いているうちに、映画『Love Letter』を思い出した。死んだ恋人の昔の住所に手紙を送ると、返事がくるお話で、「拝啓、藤井樹さま。お元気ですか、私は元気です。」というやりとりから、物語が進んでいく。懐かしくなって、深夜に観てしまった。この映画をみたら、誰でもきっと文通したくなるはず。

書き終えると、ちゃんと封筒には、便箋と一緒に買った封シールを貼ってポストにいれた。

DSC 5107 文通はじめました

某たくみんは、お手紙が届いたその日に、返事を書いてくれたらしい。なんて素敵な友人。僕の手元には「乱筆乱文にて」という言葉で締めくくられた、丁寧に書いてくれたであろうけれど、それでも乱筆なお手紙が返ってきた。彼こそボールペン字練習帳をすべきだと思う。以前「欲しかったもん手に入れて野心がないからつまらん」と、訳わからぬ贅沢なことを口にしていた友人は、涼しくなって、いよいよ欝っぽくなってきたらしい。

文通ブーム到来で、北海道のTさんにも手紙を送り、ちゃんと届いたでとメールをもらう。関西から北海道へは、3日かかるみたいだ。とはいっても、同じ市の神学少女に手紙を送る切手代80円で、北海道に手紙が送れてしまうなんて、素晴らしい。そんなことを考えながら、郵便ホームページを見ていたら、80円切手で25gまで、90円切手で50gまで送れると知った。1円玉25枚分の重さまで、80円で送ることができる。ちなみに写真1枚は3g、A4用紙1枚は4gぐらいらしい。

どうせ送るなら80円切手もオシャレに、と金券ショップに切手を買いにいった。今まで知らなかったのだけど、金券ショップでは記念切手も買える。80円切手はちょっとお得な78円で売っていた。「80円の記念切手を20枚欲しいんです」というと、選んで下さいとファイルを渡された。1シート20枚つづりのものが多かったけれど、いろいろな柄の切手が欲しかったので、5枚セットのを4シート買った。あまり種類がなくて、兵庫県と大分県以外に、行ったこともない群馬県と栃木県の切手を選んだ。こういうたぐいのは某たくみんへの手紙に貼ることにする。

DSC 5124 文通はじめました

家にあったサザエさんサブレの缶カンには、順調にお手紙セットと、届いたお手紙が増えつつある。4枚使った封シールは、あと28通分残っている。文通ブームに飽きがこない限り、友人に手紙を送りつけようと思う。

DSC 5137 文通はじめました

文通する]完了、継続中。

・手紙の書き方:http://www.midori-japan.co.jp/letter/

・郵便局はがき:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/index.html


大人の夏休みの宿題、ボールペン字練習帳。

DSC 4687 大人の夏休みの宿題、ボールペン字練習帳。

N氏と本屋さんをふらふらしていると、学習参考書のコーナーに惹かれた。小学生のとき一生懸命やった、漢字ドリルに計算ドリル。懐かしいよなあ、と思い出に浸る。難しくて挫折した分厚い自由自在の本や、歴史や地理の穴埋めドリル。眺めているうちに思った。大学生でも夏休みの宿題したい!と。

夏休み終盤にまとめて書いた一行日記、子供ながらに必死につじつまを合わせようとした苦悩。漢字の書き取りが多すぎて、早く終わらせるために部首をわけて先に書く背徳感。今思えば絶対にバレている先生への言い訳。

小学生には戻れないけれど、純粋に宿題に没頭する日々をもう一度感じたい!、というわけで、夏休みの宿題、大人バージョンをすることにした。

かといって、小学生の漢字ドリルをやるわけにも、百ます計算するにも、易しすぎて刺激が足りない。そこで選んだのは、「ボールペン字練習帳」。

数多く並んでいる「ボールペン字練習帳」の中から選んだのは、ユーキャンのやつ。書き取りの分量が多くて、ユーキャンって有名で、550円と安かったからだった。ただ、実際にいろいろな本をみてみても、どれもたいして違いがあるようには感じられず、とりあえずやりやすそうなものを一冊終わらせるべきだよね、となった。

さっそくコンビニで一番一般的そうなボールペン買う。「書きやすすぎるボールペンだったら、練習にならないよね」との考えだったけど、実際は書きやすいボールペンの方がいいらしい。

DSC 4725 大人の夏休みの宿題、ボールペン字練習帳。

本を開くと最初には、〈きれいな字を書くコツ〉のページがある。そこには、縦線や横線をちゃんと引く練習がついている。お手本と同じように思い通りの線を書くためらしい。ああ、小学生の頃って、字が下手というより、実は、自分の手が思い通りに動かなかったんだなって気づいた。なかなか衝撃的。

本は100ページほどあって、初めは「ひらがな」の「こ」から。

これが面白い。「こ」って「に」にも「た」にも「ほ」「き」「も」「ま」にも入っている。「こ」を上手くかければ、「に・た・ほ・き・も・ま」にも応用できる。そんなこと今まで意識したこともなかった。気付きがとっても多い。

実際に書き始めると、すぐにゲシュタルト崩壊。自分が何を書いてるのかすぐにわからなくなる。「に、に、に、に」って書くと、「しこしこにしか見えへんよな」と言い合って、ペンを持つ手がプルプル。男3人とも二十歳を過ぎていても、脳みその中は全員小学生だった。

そんな感じで、男3人、カフェの机でひらがなを書いていると集中しちゃって、すぐに1時間半がたった。「うわ、久しぶりにこんな集中したかもしれん」という感じ。単純に文字を書く作業って、楽しい。

漢字ドリルをしていた小学生の頃にも、感じていなかったのか、忘れているだけなのか、集中する心地良さがすごい。「あのころにも、字を綺麗に書く目標をもってドリルしていれば、今頃、超綺麗な文字なのに勿体無いなー」と思いながら解散。

DSC 4723 大人の夏休みの宿題、ボールペン字練習帳。

もうすぐ始めて10日目で、7割終わった。字が上手になった実感がある。手紙が書きたくなった。

綺麗な字というと、思い出すのが鹿児島の知覧特攻隊記念館。特攻で飛び立つ若者の手紙はどれも物凄く綺麗な字で、悲しくなるほど印象的だった。昔の人ってなんであんなに字が綺麗なんだろう。

たった550円で小学生の頃を思い出す、夏休みの宿題、おすすめ。8月中に終わらせようと思う。

 

追記:

8/29にボールペン字練習帳やり終えました。

・それぞれの字を書くコツがわかって、気にしながら丁寧に書くようになった。

・走り書きのときは、依然として汚い字のまま

・縦の中央線、横の中央線のバランスを気にするようになった。

・筆ペン好き。思い通りにいかないけど、書いてて楽しい。

・書道習いたい。

・手紙書いて文通したい。ロフトで便箋と封筒と封シールを買った。

・もう一冊やりたい、『簡単ルールで一生きれいな字』が評判よさそうなので買おうと思う。

結局は、お手本の綺麗な字と自分の字の違いへの気付きと、その気付きを意識しながら丁寧に書く練習をして、気付いたコツを習慣に落としこむことが、綺麗な字への上達方法だと思った。だから、綺麗な字を書くコツがたくさん載ってて、練習するところが多い練習帳がいいのだと思う。

ボールペン字練習帳終わらせる]完了。