武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5181 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

廃線跡を歩いてきた。JR福知山線を宝塚からひと駅、生瀬で降り、そこから武田尾駅まで、約2時間の道のり。

山歩き雑誌に載っているのを見て来たものの、入り口にはハイキングコースではないとの看板。どうやら、歩くのは自己責任で、ということらしい。

ただ、ところどころ、どう考えても歩くことを前提とした、新しいフェンスが整備されている。みんなが歩いちゃうので、責任はとれないけれど、黙認しているよう。調べてみると人気で有名なスポットらしく、実際、何人も歩いている人とすれ違った。

生瀬の駅を降りて道沿いにトンネルを越えると国道176号線に出る。176号線を歩いて、中国道の橋をくぐった右手側道を降りると廃線のルート。

DSC 5200 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5214 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

対岸のごっつい岩を横目に、川にそって歩いて行くと、トンネル。真っ暗。懐中電灯持ってなくて、携帯のライトで歩く。

DSC 5225 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5238 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5242 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5254 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

川は濁流。

DSC 5255 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5258 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

この生瀬から2つ目のトンネルが、ものすっごい怖かった。1つ目のトンネルは直線で、出口がほんのり明るくて、携帯のライトでも歩くことができた。でも、2つ目のトンネルは、入り口に木が生い茂っていて、そもそもあまり光が入らないし、トンネルがカーブしているので、中は本当に真っ暗。

ましてや、夕方に差し掛かっていて人は誰もいない。暗いだけじゃなくて、中はヒンヤリしていて、水がぽたぽた落ちてくる。なんの音もなく静かだから、自分の鞄の擦れる音が、女の人のすすり泣きに聞こえてくる始末。そんなのを400メートルも歩くんだからチビリそうになった。1人で行くのはコワイ。お化け屋敷の100倍コワイ。ほんとに懐中電灯必要。携帯の画面のライトなんか足元もみえない。LEDランタンでもいいぐらい。

DSC 5263 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

入り口を何度も振り返っちゃう。

DSC 5267 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

いやもうね、頑張って歩きましたよ。1人で行くのはよした方がいいかもしれません。

DSC 5281 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

3つ目のトンネルは、慣れてきていたし、短かった。これを抜けると鉄橋。

DSC 5288 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5297 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

でーん。トンネルの出口に、無骨な鉄橋がずっしり立っている。なかなかかっこよさげ。

DSC 5298 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

枕木のところはフェンスで閉ざされていて、横道が歩けるようになっている。

DSC 5313 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5317 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

橋の下は濁流。

DSC 5330 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5336 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5337 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

ところどころに、ベンチがある。武庫川を見ながら、ジャムパン食べてひと休みした。

DSC 5359 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

このあたりは桜がきれいだそう。

DSC 5379 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5341 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

後ろに隠れた太陽で、雲がピカピカ光ってて、とっても素敵だった。

DSC 5381 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

生瀬から武田尾まではちょうど2時間。武田尾の駅はトンネルの中にあって、地下鉄の駅みたいでカッコイイ。

– 懐中電灯は必須。

– 真っ暗なトンネルは、ほんとコワイ。1人で行くべきじゃない。

– 桜や紅葉の季節は綺麗だろうとおもった。

– いつか武田尾温泉はいりたい。

武庫川渓谷歩く]完了。

・武庫川渓谷:http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-250350.html


文通はじめました

DSC 5103 文通はじめました

夏休みの宿題と銘打ったボールペン字練習帳を一冊終えると、無性にお手紙が書きたくなった。僕がやり終えた練習帳には、封筒の宛名の書き方や、拝啓など頭語の練習もあった。今までより少しは綺麗な字が書けるようになった自信はあったので、実践というか、実際に書いてみて送りたい欲が、ふつふつ湧いてきたのだ。

で、某たくみんとご飯食べに行ったとき、ロフトで便箋と封筒買うのに付いてきてもらい、「手紙送ったら返事くれる?」と聞くと、「いいで。」と答えてくれたので、早速送りつけた。

頻繁にLINEやメールでやりとりしている友人に送る手紙なんて、何を書くことがあるのか。

だけど、書いてみると、お手紙はLINEやメールとは別物で、とっても新鮮。「拝啓 朝夕はめっきり涼しくなりましたが、いかがおすごしですか。」と、頭語に時候の挨拶もいれて、少しあらたまって書いてみる。次、会ったときどこに行くかなんて、メールで送れば一瞬。でも、手紙は一瞬で消費されるものではないから、ちゃんと考えて書きました感があるし、早く返事こないかなこないかな、とわくわくしちゃう。

「拝啓、」と、手紙を書いているうちに、映画『Love Letter』を思い出した。死んだ恋人の昔の住所に手紙を送ると、返事がくるお話で、「拝啓、藤井樹さま。お元気ですか、私は元気です。」というやりとりから、物語が進んでいく。懐かしくなって、深夜に観てしまった。この映画をみたら、誰でもきっと文通したくなるはず。

書き終えると、ちゃんと封筒には、便箋と一緒に買った封シールを貼ってポストにいれた。

DSC 5107 文通はじめました

某たくみんは、お手紙が届いたその日に、返事を書いてくれたらしい。なんて素敵な友人。僕の手元には「乱筆乱文にて」という言葉で締めくくられた、丁寧に書いてくれたであろうけれど、それでも乱筆なお手紙が返ってきた。彼こそボールペン字練習帳をすべきだと思う。以前「欲しかったもん手に入れて野心がないからつまらん」と、訳わからぬ贅沢なことを口にしていた友人は、涼しくなって、いよいよ欝っぽくなってきたらしい。

文通ブーム到来で、北海道のTさんにも手紙を送り、ちゃんと届いたでとメールをもらう。関西から北海道へは、3日かかるみたいだ。とはいっても、同じ市の神学少女に手紙を送る切手代80円で、北海道に手紙が送れてしまうなんて、素晴らしい。そんなことを考えながら、郵便ホームページを見ていたら、80円切手で25gまで、90円切手で50gまで送れると知った。1円玉25枚分の重さまで、80円で送ることができる。ちなみに写真1枚は3g、A4用紙1枚は4gぐらいらしい。

どうせ送るなら80円切手もオシャレに、と金券ショップに切手を買いにいった。今まで知らなかったのだけど、金券ショップでは記念切手も買える。80円切手はちょっとお得な78円で売っていた。「80円の記念切手を20枚欲しいんです」というと、選んで下さいとファイルを渡された。1シート20枚つづりのものが多かったけれど、いろいろな柄の切手が欲しかったので、5枚セットのを4シート買った。あまり種類がなくて、兵庫県と大分県以外に、行ったこともない群馬県と栃木県の切手を選んだ。こういうたぐいのは某たくみんへの手紙に貼ることにする。

DSC 5124 文通はじめました

家にあったサザエさんサブレの缶カンには、順調にお手紙セットと、届いたお手紙が増えつつある。4枚使った封シールは、あと28通分残っている。文通ブームに飽きがこない限り、友人に手紙を送りつけようと思う。

DSC 5137 文通はじめました

文通する]完了、継続中。

・手紙の書き方:http://www.midori-japan.co.jp/letter/

・郵便局はがき:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/index.html


大雨キャンプした

DSC 4852 大雨キャンプした

夏のおわりにキャンプへ行ってきた。関空から一番近そうなキャンプ場を調べて、でてきたのが和歌山県紀の川市のハイランドパーク粉河キャンプ場。天気予報は大雨。直前まで中止しようか悩むも、雨は全く降ってなかったので、とりあえず行くだけ行ってみた。

泉佐野から車で1時間ぐらい。管理棟につくと風がピューピュー吹いていて、管理のおっちゃんいない。書いてあった携帯番号に電話すると、草刈り中断してきてくれた。1人1泊400円払って、ホースと蛇口の鍵を受け取り、車を先導して案内してくれる。

もちろんキャンプ場は貸切り。誰も人いない。アブはたくさんいた。

DSC 4853 大雨キャンプした

ついにキャンプらしいキャンプデビュー。いろいろと安い道具を探して買ってしまったのだ。

まず、キャプテンスタッグの4500円のヘキサタープに、980円のチェア2つ!

北海道をバイクで1周したときも、鹿児島旅行でキャンプしたときも、持っていたアウトドアグッズは安物のソロテントに寝袋と銀マット、ペンライトだけだった。タープにチェアまで増えちゃうと、快適性が全然違う!感動もの!

初めてのタープ張りは時間がかかった。ボーイスカウトしてたときにはロープ結び好きだったのに、忘れちゃってできない。もやい結びとかトートラインヒッチ、携帯で調べながらタープ張った。

ペグがプラスティックだから、別のペグ買ったほうがイイヨーとクチコミに書いてあったので、スノーピークのソリッドステーク30の6本セットも買っちゃう。ペグ1本450円て!と思いながら、大奮発。いざ使ってみると、納得せずにはいられない。残りの2本はプラスティックのペグ使ったのだけど、これがスポスポ抜けるのに対して、お高いペグはびくともしない。ああ、こうやって世のアウトドア好きの人々は、どんどん道具に凝っていくのだなーと思っちゃう。カメラのレンズ沼みたい。

DSC 4844 大雨キャンプした

ユニフレームのファイアグリルも買ってしまった。焚き火ができて、網をのせればバーベキューもできる優れもの。七輪だと重いしかさばるけれど、これはたたむとちっさくなる。新品の焚き火台は、ぴっかぴかで鏡みたいに反射する。ほんとに買ってよかったと思える品。アウトドアの道具って、どうしてこうも愛着がわいちゃうのか。

DSC 4860 大雨キャンプした

さらには、火消しつぼ火起こし器セットまで。

これってすごい。ファイアグリルで残った炭はどうしよう、と思って火消しつぼを探していた。火消しつぼの中にぴったり入る火起こし器が付いていて、そこに、残った炭を入れると、次に使うときは、火消しつぼから、炭の入った火起こし器だけを取り出して、すぐに火が起こせる。炭が再利用出来る。機能的。

火を起こすのもとっても簡単。木炭を入れて、底に新聞紙を1枚丸めてライターで火をつければいいだけ。10分ぐらい待ってると、ちゃんと木炭がいこってる。なんて便利。

3000円するから買うのには迷ったけれど、買って良かった。ただ、ちょっと大きい、でかい。

DSC 4883 大雨キャンプした

キャンプでしてみたかったこと、1つ目がファイアグリルで焚き火とバーベキューだけど、2つ目は燻製デビューだった。

キッチンペーパーで水気をとってから、ダンボール燻製キットに、チーズ、ゆで卵、ウインナー、なぜか枝豆も入れてみる。スモークウッドに火をつけて2時間ほったらかし。燻製を待ってる間にバーベキューする。途中、風が強くて燻製キット何回か倒れる。

DSC 4891 大雨キャンプした

DSC 4918 大雨キャンプした

家にあった飯盒をファイアグリルにのせてご飯を炊いたあと、念願のバーベキューした。炭火で食べる豚トロ、美味しい。

DSC 4926 大雨キャンプした

風が強くなりはじめて、タープがゆさゆさ揺れる。

DSC 4937 大雨キャンプした

食べ終わったら、網を外して薪をくべて、焚き火。

DSC 4953 大雨キャンプした

ゆったりしていると、ちょうど燻製が完成。チーズの燻製はハズレがない。

まったり980円チェアに座って焚き火をみながら、燻製チーズをおつまみにビール飲む。贅沢。

DSC 4982 大雨キャンプした

朝起きると雨が降っていた。テントを開けて眺める景色と雨の匂いは、とっても落ち着く。

DSC 4997 大雨キャンプした

ゆったりしながらお湯を沸かしてコーヒー飲む。それにトマトとぶどうの朝食。

小中学校時代、ボーイスカウトしてた頃のアウトドア気分がどんどん戻ってくる。

DSC 5067 大雨キャンプした

帰り道にあったパン屋さんで、卵かけご飯とピザと、まん丸なカレーパン食べた。

DSC 5049 大雨キャンプした

アウトドアって楽しい。

今回キャンプで学んだこと。

1,キャンプは晴れた日にすべき。少なくとも風の強い日はダメ。

2,ダンボール燻製は重いものを周りにおいておかないと倒れる。

3,スポンジかタワシはちゃんと用意すべし。

4,さすがに1人用テントに2人で寝るのは狭い。

5,欲張って肉買いすぎない。20歳超えたらほどほどの肉の量で満足できる。

6,雨の日でもタープあれば快適。でも、撤収はたいへん。

燻製する][ファイアグリル買ってBBQと焚き火する]完了。

・ハイランドパーク粉河:http://www.city.kinokawa.lg.jp/kanko/outdoor/


お茶漬け食べ放題いってきた

DSC 4735 お茶漬け食べ放題いってきた

N氏と六波羅蜜寺、六道珍皇寺、河井寛次郎記念館の清水五条周辺巡りをするはずだった。

六波羅蜜寺で、思ってたより小さい空也上人像や、教科書に載ってた平清盛像をみ終え、さあ六道珍皇寺へ向かおうかというところで、「お茶漬け食べ放題の店があるらしいで」とN氏。気になって気になって仕方がなくなり、清水五条周辺巡りは、急遽お茶漬け食べ放題の会に。清水寺近く、二年坂にあるお店に向かった。

DSC 4741 お茶漬け食べ放題いってきた

清水寺への道は、すごい観光客。あまり観光地っぽくない六波羅蜜寺から歩いてくると、やっぱり清水寺は、THE 京都、THE 観光地だよなあと思う。

二年坂に近づくと、すぐにお茶漬けバイキングののぼりを発見。お茶漬けバイキングにはみんな気になるらしく、道行く人がちらちら見ていた。「漬物って食べ放題するほど食べられへんし」という話し声を後ろに聞きながら、お店に入る。

DSC 4745 お茶漬け食べ放題いってきた

DSC 4746 お茶漬け食べ放題いってきた

DSC 4755 お茶漬け食べ放題いってきた

席に座ると、店員さんが茶碗にお皿、お味噌汁のお椀とお茶を持ってきてくれる。

DSC 4762 お茶漬け食べ放題いってきた

DSC 4752 お茶漬け食べ放題いってきた

お漬物の種類にテンションが上がる。

DSC 4759 お茶漬け食べ放題いってきた

ご飯少なめ戦法で、この機会にお漬物たくさん食べようと思うも、ご飯がすすむすすむ。最中お味噌汁も美味しくておかわりしちゃう。

数あるお漬物の中でも、美味しい!と思って何度もおかわりしたのは、「長芋ゆず」に「ゆず大根」。僕って柚子が好きなのねと自覚した。他にも、レンコンや山芋、なんといっても白菜は美味しくってお気に入りだった。

逆に、からし茄子は強敵。珍しさに食べるも、辛くてご飯たくさん消費しちゃう。ご飯でお腹いっぱいにさせられる。

DSC 4769 お茶漬け食べ放題いってきた

お漬物の盛り付けにも性格が出る。N氏のお茶碗は綺麗な盛りつけ。

DSC 4784 お茶漬け食べ放題いってきた

冷やし茶漬けにもチャレンジしてみた。水っぽくなるけどまあまあ美味しい。

DSC 4790 お茶漬け食べ放題いってきた

最中も食べ放題で、お腹いっぱい。満足してお店を出る。これで1280円は安いか高いか。

僕は、25種類も好きなお漬物食べられるなんて夢のようなお店で、安いなあと思ったけれど。

DSC 4796 お茶漬け食べ放題いってきた

さあ、お寺巡りを再開しよう、と戻るも、六道珍皇寺は16時で閉まっていた。

六波羅は変わったお店がたくさん。お茶漬け食べ放題のおかげで、散策は次回に持ち越しになった。

DSC 4817 お茶漬け食べ放題いってきた

空也上人像をみる]完了。

・阿子屋茶屋:http://www.kashogama.com/akoya/index.html

・六波羅蜜寺:http://rokuhara.or.jp/

 


大人の夏休みの宿題、ボールペン字練習帳。

DSC 4687 大人の夏休みの宿題、ボールペン字練習帳。

N氏と本屋さんをふらふらしていると、学習参考書のコーナーに惹かれた。小学生のとき一生懸命やった、漢字ドリルに計算ドリル。懐かしいよなあ、と思い出に浸る。難しくて挫折した分厚い自由自在の本や、歴史や地理の穴埋めドリル。眺めているうちに思った。大学生でも夏休みの宿題したい!と。

夏休み終盤にまとめて書いた一行日記、子供ながらに必死につじつまを合わせようとした苦悩。漢字の書き取りが多すぎて、早く終わらせるために部首をわけて先に書く背徳感。今思えば絶対にバレている先生への言い訳。

小学生には戻れないけれど、純粋に宿題に没頭する日々をもう一度感じたい!、というわけで、夏休みの宿題、大人バージョンをすることにした。

かといって、小学生の漢字ドリルをやるわけにも、百ます計算するにも、易しすぎて刺激が足りない。そこで選んだのは、「ボールペン字練習帳」。

数多く並んでいる「ボールペン字練習帳」の中から選んだのは、ユーキャンのやつ。書き取りの分量が多くて、ユーキャンって有名で、550円と安かったからだった。ただ、実際にいろいろな本をみてみても、どれもたいして違いがあるようには感じられず、とりあえずやりやすそうなものを一冊終わらせるべきだよね、となった。

さっそくコンビニで一番一般的そうなボールペン買う。「書きやすすぎるボールペンだったら、練習にならないよね」との考えだったけど、実際は書きやすいボールペンの方がいいらしい。

DSC 4725 大人の夏休みの宿題、ボールペン字練習帳。

本を開くと最初には、〈きれいな字を書くコツ〉のページがある。そこには、縦線や横線をちゃんと引く練習がついている。お手本と同じように思い通りの線を書くためらしい。ああ、小学生の頃って、字が下手というより、実は、自分の手が思い通りに動かなかったんだなって気づいた。なかなか衝撃的。

本は100ページほどあって、初めは「ひらがな」の「こ」から。

これが面白い。「こ」って「に」にも「た」にも「ほ」「き」「も」「ま」にも入っている。「こ」を上手くかければ、「に・た・ほ・き・も・ま」にも応用できる。そんなこと今まで意識したこともなかった。気付きがとっても多い。

実際に書き始めると、すぐにゲシュタルト崩壊。自分が何を書いてるのかすぐにわからなくなる。「に、に、に、に」って書くと、「しこしこにしか見えへんよな」と言い合って、ペンを持つ手がプルプル。男3人とも二十歳を過ぎていても、脳みその中は全員小学生だった。

そんな感じで、男3人、カフェの机でひらがなを書いていると集中しちゃって、すぐに1時間半がたった。「うわ、久しぶりにこんな集中したかもしれん」という感じ。単純に文字を書く作業って、楽しい。

漢字ドリルをしていた小学生の頃にも、感じていなかったのか、忘れているだけなのか、集中する心地良さがすごい。「あのころにも、字を綺麗に書く目標をもってドリルしていれば、今頃、超綺麗な文字なのに勿体無いなー」と思いながら解散。

DSC 4723 大人の夏休みの宿題、ボールペン字練習帳。

もうすぐ始めて10日目で、7割終わった。字が上手になった実感がある。手紙が書きたくなった。

綺麗な字というと、思い出すのが鹿児島の知覧特攻隊記念館。特攻で飛び立つ若者の手紙はどれも物凄く綺麗な字で、悲しくなるほど印象的だった。昔の人ってなんであんなに字が綺麗なんだろう。

たった550円で小学生の頃を思い出す、夏休みの宿題、おすすめ。8月中に終わらせようと思う。

 

追記:

8/29にボールペン字練習帳やり終えました。

・それぞれの字を書くコツがわかって、気にしながら丁寧に書くようになった。

・走り書きのときは、依然として汚い字のまま

・縦の中央線、横の中央線のバランスを気にするようになった。

・筆ペン好き。思い通りにいかないけど、書いてて楽しい。

・書道習いたい。

・手紙書いて文通したい。ロフトで便箋と封筒と封シールを買った。

・もう一冊やりたい、『簡単ルールで一生きれいな字』が評判よさそうなので買おうと思う。

結局は、お手本の綺麗な字と自分の字の違いへの気付きと、その気付きを意識しながら丁寧に書く練習をして、気付いたコツを習慣に落としこむことが、綺麗な字への上達方法だと思った。だから、綺麗な字を書くコツがたくさん載ってて、練習するところが多い練習帳がいいのだと思う。

ボールペン字練習帳終わらせる]完了。