Category Archives: 兵庫

有馬で紅葉みてきた

DSC 9232 有馬で紅葉みてきた

有馬に紅葉をみに行ってきた。

DSC 9257 有馬で紅葉みてきた

DSC 9262 有馬で紅葉みてきた

イチョウが息を呑むような綺麗さだった。

DSC 9264 有馬で紅葉みてきた

DSC 9266 有馬で紅葉みてきた

DSC 9271 有馬で紅葉みてきた

DSC 9272 有馬で紅葉みてきた

DSC 9276 有馬で紅葉みてきた

DSC 9294 有馬で紅葉みてきた

DSC 9279 有馬で紅葉みてきた


UCCコーヒー博物館いってきた

DSC 0375 UCCコーヒー博物館いってきた

UCCコーヒー博物館へ行ってきました。

10月1日にリニューアルオープンしたばかりらしい。自分のカフェを開くのが夢でコーヒーのイベントに参加したりする上級者なI氏と三宮で待ち合わせ。三宮からポートライナーに乗って、南公園駅で降りる。IKEAに行く大勢の人を横目に駅を出て、歩道橋を渡るとすぐコーヒー博物館。

入館料300円を払ってパンフレットとコーヒー試飲券を受け取り、中に入ると、コーヒー豆やら焙煎の機械やらの展示がたくさん。へぇーと思うことがいっぱい。

DSC 0376 UCCコーヒー博物館いってきた

展示してある中で、一番かっちょいいと思ったのは、天秤のサイフォン。カメラの電池忘れて、携帯で3枚しか撮ってないので、写真はないのだけれど、これが素敵。コーヒーが沸騰して片方の天秤へ移ると、重みで自動的にアルコールランプの火が消えちゃう仕組み。蛇口をあけてコーヒーを注ぐ機能的な映像を見て、欲しくなっちゃった。

DSC 0377 UCCコーヒー博物館いってきた

展示が終わったらコーヒー試飲コーナーがあって、ちっちゃな2つのカップに、違う種類のコーヒーを入れてもらえる。I氏によると、コーヒーインストラクターの試験に、この味の飲み分けがでてきたらしい。麦茶の味のほうが、なんとかの種類だとか。そのあと、奥に進んでコーヒークイズを受けて、コーヒー博士認定証もらった。

お土産を物色した後は、入り口の向かいにあるカフェ。1杯2500円のコーヒーを注文する勇気はなく、お手頃値段のコーヒーをサイフォンで入れてもらって飲んだ。100グラム8400円のコーヒー買っちゃう人がいるんだ、としみじみした。

・UCCコーヒー博物館:http://www.ucc.co.jp/museum/


武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5181 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

廃線跡を歩いてきた。JR福知山線を宝塚からひと駅、生瀬で降り、そこから武田尾駅まで、約2時間の道のり。

山歩き雑誌に載っているのを見て来たものの、入り口にはハイキングコースではないとの看板。どうやら、歩くのは自己責任で、ということらしい。

ただ、ところどころ、どう考えても歩くことを前提とした、新しいフェンスが整備されている。みんなが歩いちゃうので、責任はとれないけれど、黙認しているよう。調べてみると人気で有名なスポットらしく、実際、何人も歩いている人とすれ違った。

生瀬の駅を降りて道沿いにトンネルを越えると国道176号線に出る。176号線を歩いて、中国道の橋をくぐった右手側道を降りると廃線のルート。

DSC 5200 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5214 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

対岸のごっつい岩を横目に、川にそって歩いて行くと、トンネル。真っ暗。懐中電灯持ってなくて、携帯のライトで歩く。

DSC 5225 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5238 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5242 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5254 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

川は濁流。

DSC 5255 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5258 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

この生瀬から2つ目のトンネルが、ものすっごい怖かった。1つ目のトンネルは直線で、出口がほんのり明るくて、携帯のライトでも歩くことができた。でも、2つ目のトンネルは、入り口に木が生い茂っていて、そもそもあまり光が入らないし、トンネルがカーブしているので、中は本当に真っ暗。

ましてや、夕方に差し掛かっていて人は誰もいない。暗いだけじゃなくて、中はヒンヤリしていて、水がぽたぽた落ちてくる。なんの音もなく静かだから、自分の鞄の擦れる音が、女の人のすすり泣きに聞こえてくる始末。そんなのを400メートルも歩くんだからチビリそうになった。1人で行くのはコワイ。お化け屋敷の100倍コワイ。ほんとに懐中電灯必要。携帯の画面のライトなんか足元もみえない。LEDランタンでもいいぐらい。

DSC 5263 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

入り口を何度も振り返っちゃう。

DSC 5267 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

いやもうね、頑張って歩きましたよ。1人で行くのはよした方がいいかもしれません。

DSC 5281 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

3つ目のトンネルは、慣れてきていたし、短かった。これを抜けると鉄橋。

DSC 5288 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5297 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

でーん。トンネルの出口に、無骨な鉄橋がずっしり立っている。なかなかかっこよさげ。

DSC 5298 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

枕木のところはフェンスで閉ざされていて、横道が歩けるようになっている。

DSC 5313 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5317 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

橋の下は濁流。

DSC 5330 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5336 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5337 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

ところどころに、ベンチがある。武庫川を見ながら、ジャムパン食べてひと休みした。

DSC 5359 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

このあたりは桜がきれいだそう。

DSC 5379 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

DSC 5341 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

後ろに隠れた太陽で、雲がピカピカ光ってて、とっても素敵だった。

DSC 5381 武庫川渓谷、廃線跡あるいた

生瀬から武田尾まではちょうど2時間。武田尾の駅はトンネルの中にあって、地下鉄の駅みたいでカッコイイ。

– 懐中電灯は必須。

– 真っ暗なトンネルは、ほんとコワイ。1人で行くべきじゃない。

– 桜や紅葉の季節は綺麗だろうとおもった。

– いつか武田尾温泉はいりたい。

武庫川渓谷歩く]完了。

・武庫川渓谷:http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-250350.html


六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

DSC 4195 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

前回は芦屋川から歩いたので、今回は宝塚から六甲山登ってみた。目的は[有馬の鈴屋で餃子を食べる]。宝塚の駅についたのが15時30分と遅くなってしまって、日が暮れる前に有馬につこうと急いで出発。

ターギーさんを買ってから山登りは2回目。新しい1800円もする登山用の靴下はいていった。分厚くてふかふかクッションで歩きやすいのに、蒸れない。高いものは違う、すごい。これから山登るたびになにか一つづつ増えていきそう。

DSC 4227 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

宝塚から塩尾寺までは坂道がすごくて、犬みたいにハァーハァーいいながら登る。塩尾寺から少し歩くと坂道は終わり、あとはなだらかな道でわりととらくちん。木が生い茂っているから、夕方なのもあってすごく涼しい。でも、暗い。遅い時間なので誰も歩いてない。すれ違ったのは2,3人。

DSC 4239 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

ぐねぐねしたアートな木を見つけた。

DSC 4264 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

DSC 4272 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

暗い道に光が差し込んでキラキラ。

熊笹が生い茂る道や、舗装された道路や、トンネルを抜けて山頂へ。

DSC 4277 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

DSC 4287 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

今回は、見晴らしが良くて、大阪湾を一望できた。

DSC 4293 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

いちおう最高峰へもいってみる。

DSC 4309 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

夏とはいえ、18時を過ぎると日が陰ってきて薄暗い。ひぐらしがないてた。

下り坂ちょっと走ったりもしながら急いだ。

DSC 4323 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

夕日のオレンジが綺麗。

DSC 4344 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

DSC 4354 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

有馬についた頃にはもう真っ暗。

知り合いにオススメされた鈴屋へ。お店は18時からしかあいていない。

DSC 4357 六甲山のぼった(2)[宝塚〜山頂〜有馬]

餃子おかわりもして全部で4人前も食べちゃう。小さめの餃子、美味しい。

となりのおっちゃんにビールご馳走してもらうし、幸せ。最終バスにギリギリ飛び乗って帰った。

有馬の鈴屋で餃子を食べる]完了。


六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

DSC 3952 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

先日買った靴(たーぎーさん)デビューのため、六甲山に登ってきた。昔登った気がするけど全く覚えてない。阪急芦屋川から有馬温泉の道がメジャーらしく、朝、阪急芦屋川駅を出発。

DSC 3941 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

7月ももうすぐ中頃なのに、紫陽花満開。

DSC 3960 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

高座の滝を過ぎ、ロックガーデンというちょっとした岩場を歩く。景色はモヤがかかっていて、ぜんぜん良くない。暑くて汗がダラダラ。普段着なのでムレムレ。

山ガールの集団を何組か発見。山ガールって装備がすごい。めっちゃお金かかってそう。僕なんかトレッキングシューズ買うだけでやっとだったのに。

DSC 3975 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

DSC 3979 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

DSC 3983 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

DSC 4001 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

ひたすら標識に沿って歩くと、山頂に着いた。山頂のすぐ前は道路が通っていた。車で簡単に来れる。なんかそれだけで登った達成感がかなり削がれる。同じような道で景色もあんまり良くないから、イマイチ登った感がない。

目的は有馬温泉とビールになり、そのことだけ考えていたら、道を間違えて摩耶山のルート歩いていた。途中で会った親切なお兄さんが教えてくれていなかったら、摩耶山の近くに有馬温泉があるものだと思っていた。引き返して40分ぐらいロスする。なにもしらずにふらっと歩くと迷っちゃう。

有馬温泉までの道のりは、ずーっと下りで楽だった。

DSC 4004 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

DSC 4009 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

山頂から1時間ほどで、金の湯に到着。650円払って入浴。韓国人の旅行客が多いみたいで、脱衣所はハングルが飛び交っていた。

DSC 4013 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

DSC 4017 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

ずっと行きたかったお店が18時からしか開いてないと知り、がっかり。別のお店で昼食を探し求める。

DSC 4022 六甲山のぼった(1)[芦屋川〜山頂〜有馬]

歩いていると明石焼きのお店。有馬焼を注文。初めて聞いた有馬焼きは、明石焼きに山椒が入ったものらしい。山椒が何粒か入っていて、舌がピリピリする。好き嫌いが分かれると思った。

温泉気持よくて、ビール美味しいと山登りにはまっちゃいそう。

人の服や装備にも目がいって、アレ欲しい、コレ欲しいになる。山登りってばお金がかかる。

六甲山登る]完了。

・六甲山ガイド:http://www.yamagirl.net/guide/guide5.php