Author Archives: Wasagonyo

UCCコーヒー博物館いってきた

DSC 0375 UCCコーヒー博物館いってきた

UCCコーヒー博物館へ行ってきました。

10月1日にリニューアルオープンしたばかりらしい。自分のカフェを開くのが夢でコーヒーのイベントに参加したりする上級者なI氏と三宮で待ち合わせ。三宮からポートライナーに乗って、南公園駅で降りる。IKEAに行く大勢の人を横目に駅を出て、歩道橋を渡るとすぐコーヒー博物館。

入館料300円を払ってパンフレットとコーヒー試飲券を受け取り、中に入ると、コーヒー豆やら焙煎の機械やらの展示がたくさん。へぇーと思うことがいっぱい。

DSC 0376 UCCコーヒー博物館いってきた

展示してある中で、一番かっちょいいと思ったのは、天秤のサイフォン。カメラの電池忘れて、携帯で3枚しか撮ってないので、写真はないのだけれど、これが素敵。コーヒーが沸騰して片方の天秤へ移ると、重みで自動的にアルコールランプの火が消えちゃう仕組み。蛇口をあけてコーヒーを注ぐ機能的な映像を見て、欲しくなっちゃった。

DSC 0377 UCCコーヒー博物館いってきた

展示が終わったらコーヒー試飲コーナーがあって、ちっちゃな2つのカップに、違う種類のコーヒーを入れてもらえる。I氏によると、コーヒーインストラクターの試験に、この味の飲み分けがでてきたらしい。麦茶の味のほうが、なんとかの種類だとか。そのあと、奥に進んでコーヒークイズを受けて、コーヒー博士認定証もらった。

お土産を物色した後は、入り口の向かいにあるカフェ。1杯2500円のコーヒーを注文する勇気はなく、お手頃値段のコーヒーをサイフォンで入れてもらって飲んだ。100グラム8400円のコーヒー買っちゃう人がいるんだ、としみじみした。

・UCCコーヒー博物館:http://www.ucc.co.jp/museum/


ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6099 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

ダルマがたくさんいると聞いて、箕面の勝尾寺へ行ってきました。

まず驚いたのは、建物が立派。というかもはやお寺じゃないレベル。

駐車場はちょっとしたショッピングセンターのようであり、勝尾寺の入り口の建物は、なんだか新しい美術館っぽい。立派な門をくぐると池にかかった橋があって、その両端からは、温泉の湯気?かと思うようなミストが出ている。西国三十三所の由緒あるお寺だそうだけれど、うん十億お金をかけて立派に近代的に建てました感に圧倒されます。

DSC 6105 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

歩いて行くと広い道に階段。登ると本堂。

道の片隅には、ちょこちょこダルマさんが現れる。

DSC 6116 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6118 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

階段をのぼるごとにその数は増えていく。

DSC 6119 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6120 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

あんなトコロにも。

DSC 6123 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

こんなトコロにも。

DSC 6124 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6126 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

うぎゃ、だるまだらけ!とテンションが上がったのは、勝ちダルマ奉納棚。

真っ黒な目から、アニメっぽい目のダルマまでさまざま。

DSC 6129 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6132 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

整然と並んだダルマさん。

DSC 6136 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6141 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

実はこのダルマさんの正体は、おみくじなのだった。

本殿で参拝し終わると、順路はお守りやダルマが売っているコーナーへと続く。

そこに500円でだるま型のおみくじが売っているのだ。

DSC 6144 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

好きなダルマを選んで買うと、裏の穴にはおみくじの紙が入っている。

DSC 6137 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

おみくじの後のダルマを、みんなが置いていっちゃうらしいのだ。

DSC 6138 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

そんなわけで瓦にはたくさんのダルマ。

DSC 6139 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

だるま、だるま。

DSC 6148 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6146 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6151 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

DSC 6149 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

あんなトコロにも。

DSC 6154 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

こんなトコロにも。

DSC 6159 ダルマだらけの勝尾寺いってきた

想像以上にダルマだらけだった。

勝尾寺にいく]完了。

・勝尾寺:http://www.katsuo-ji-temple.or.jp/index.html

 


穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 5966 穴太寺で彼岸花みてきた

とよのコスモスの里に行ったあと、彼岸花をみたいというばあちゃんのリクエストに答え、20分ほど車を走らせて、京都府亀岡市の穴太寺へいきました。

亀岡に入るとたくさん彼岸花が咲いいており、田んぼの色に毒々しい真っ赤なコントラストの広がりは初めて見る光景でした。

穴太寺(あなおじ、と読むらしい)の駐車場に停めて、お寺に行ってみました。

DSC 5976 穴太寺で彼岸花みてきた

西国三十三所のお寺だそうで、巡礼にきている人も。

御朱印の場所では、黒い筒からまきまきした掛け軸?を出して、書いてもらっていた。

なんと机にはドライヤーがおいてあって、書いてもらった御朱印をすぐに乾かせるようになっている。

笠をかぶって、ぶふぉーとドライヤーで乾かしている姿はシュール。

DSC 5984 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6000 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6014 穴太寺で彼岸花みてきた

彼岸花は、穴太寺より南側の田んぼのあぜ道に咲いている。

農作業していたおっちゃんいわく、ずーっと昔から咲いているそう。

高そうなカメラをもった人がたくさんいて写真を撮っていた。僕もばあちゃんと歩きながら、小さいカメラでその仲間入り。

DSC 6019 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6028 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6036 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6049 穴太寺で彼岸花みてきた

彼岸花の時期は遅かったらしく、もうところどころ枯れかけていて、黒ずんでいたり、白くなっていたり。

DSC 6065 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6071 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6075 穴太寺で彼岸花みてきた

DSC 6086 穴太寺で彼岸花みてきた

・穴太寺(亀岡観光協会):http://www.kameoka.info/seeing/shrines-temples/anaouji.php

 


とよのコスモスの里いってきた

DSC 5795 とよのコスモスの里いってきた

ばあちゃん孝行に、祖母、母と3人で、コスモスをみに行ってきた。大阪府豊能町の「とよのコスモスの里」。

豊能町、遠い。バスでも行けるそうだけど、ものすごい時間がかかると思う。

DSC 5957 とよのコスモスの里いってきた

駐車場は無料で、入園料が1人500円。

DSC 5829 とよのコスモスの里いってきた

DSC 5772 とよのコスモスの里いってきた

コスモス園はそんなに広くないのだけれど、田舎の山あいにあるので、自然な感じで、とっても雰囲気がいい。風が気持よくて、ゆったりできる。

去年いった、広いけれど少し人工的な感じのする武庫川コスモス園とは違った。

DSC 5802 とよのコスモスの里いってきた

レジャーシートに座って気持よさそうにしている家族連れがたくさん。

ぜひお弁当とレジャーシートを持っていくべき。

僕らも、コスモス畑をみながら、コンビニで買ったお弁当を食べた。

DSC 5812 とよのコスモスの里いってきた

弁当食べていると、カエルに遭遇。誰かに似てる。

DSC 5856 とよのコスモスの里いってきた

台風でところどころ花が倒れていたけれど、それでも満開。立っているのはカカシ。

DSC 5935 とよのコスモスの里いってきた

DSC 5876 とよのコスモスの里いってきた

DSC 5888 とよのコスモスの里いってきた

DSC 5915 とよのコスモスの里いってきた

とよのコスモスの里のコスモスは、背が高い。

ずーっと上からみているだけじゃなくて、目線に花があったりする。

コスモス畑を上から見下ろすのとは少し違って、コスモスに囲まれている感じが味わえて素敵だった。

DSC 5960 とよのコスモスの里いってきた

DSC 5838 とよのコスモスの里いってきた

コスモスの後は、彼岸花をみに車で20分ほど走って、穴太寺へ。

・とよのコスモスの里:http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/sightseeing_5328.html


伊吹山のぼった

DSC 5451 伊吹山のぼった

最近ずっと研究室に籠ってマウスといちゃいちゃしているらしいNと、伊吹山に登った。

始発で登ろうと決めたけれど、寝坊するのは間違いなかったので、前日の夜に集合。伊吹山近くの漫画喫茶で一晩泊まることになった。だけど、調べると、伊吹山周辺なんもない。米原にもなにもない。結局、終電前の電車に乗って彦根へ。

彦根の漫画喫茶は駅から離れていて、軽いハイキング。それどころか、漫画喫茶にあったダーツや卓球に興じてしまい、寝たのは深夜3時すぎ。5時半に起きて、ほとんど寝ずに山にのぼることに。

朝から牛丼食べて、コンビニで買出しして、朝焼けの彼岸花をみながら漫画喫茶を出発。

DSC 5454 伊吹山のぼった

映画に出てきそうな駐輪場のある高校や、

DSC 5457 伊吹山のぼった

かなり味のある彦根口駅から電車に乗って、彦根でJRに乗り換え、伊吹山最寄り駅の近江長岡へ。

DSC 5480 伊吹山のぼった

駅の改札をでると、登山口行のバス。周辺はコンビニ売店なし。近江長岡から登山口までは運賃350円。

DSC 5496 伊吹山のぼった

登り始めた8時半には、すでに人がたくさん。一合目までは森っぽい道、1合目からはひらけたところを歩く。

DSC 5512 伊吹山のぼった

DSC 5514 伊吹山のぼった

DSC 5524 伊吹山のぼった

DSC 5546 伊吹山のぼった

DSC 5564 伊吹山のぼった

DSC 5572 伊吹山のぼった

3合目のトイレ。このあたりでやっと山頂がみえる。

DSC 5575 伊吹山のぼった

すすきだらけ。日陰がなく日差しがつよい。

DSC 5584 伊吹山のぼった

DSC 5592 伊吹山のぼった

DSC 5598 伊吹山のぼった

5合目自動販売機は観光地価格。500mlペットボトル250円。

DSC 5599 伊吹山のぼった

DSC 5611 伊吹山のぼった

高山植物咲いてた。トリカブト?

DSC 5615 伊吹山のぼった

DSC 5620 伊吹山のぼった

DSC 5630 伊吹山のぼった

いい眺め。琵琶湖がうっすら見える。

DSC 5633 伊吹山のぼった

DSC 5636 伊吹山のぼった

DSC 5642 伊吹山のぼった

DSC 5658 伊吹山のぼった

やっと山頂。ちょっと速いペースで歩いて2時間半ぐらいでついた。

DSC 5661 伊吹山のぼった

DSC 5674 伊吹山のぼった

DSC 5660 伊吹山のぼった

伊吹山ドライブウェイからくる人がたくさん。お店もたくさん。

DSC 5678 伊吹山のぼった

伊吹そば食べた。650円。

DSC 5692 伊吹山のぼった

DSC 5708 伊吹山のぼった

下りはNが「トレイルランする」といいながらところどころ走って、1時間半ぐらいで降りる。

DSC 5719 伊吹山のぼった

登山口から30分ほど歩いて、ジョイ伊吹の薬草湯へ。日焼けでヒリヒリする。

DSC 5740 伊吹山のぼった

温泉にゆっくり入ったあと、冷房のきいた畳の休憩室で、伊吹牛乳のみながらゴロゴロ。

伊吹牛乳美味しくて1リットルでもゴクゴク飲めそう。寝ちゃう。

DSC 5747 伊吹山のぼった

ジョイ伊吹から駅まではバスで230円。

DSC 5748 伊吹山のぼった

– 眺めはいいけれど日陰がないので晴れてると暑い。日焼け対策必要だと思った。

– 飲み物は高いし駅にコンビニはないので、出発時の最寄り駅で買い出しすべきかも。

– 山頂にお店があるので、食べ物は途中で食べるおにぎり2個ぐらいでいいかも。

– バスの本数はわりと少ないので注意。

– 石がゴロゴロしてるので、ちゃんとした靴は必要。

– いぶき薬草湯は少し狭め。洗い場は4つしかなかった。でも休憩室快適。牛乳美味しい。

– 彦根の漫画喫茶は誘惑がありすぎて寝れない。

伊吹山登る]完了。

・近江長岡駅発伊吹山登山口行バス時刻表:http://time.khobho.co.jp/ohmi_bus/pol_dsp.asp?teicd=3610

・いぶき薬草湯:http://joyibuki.info/ibuki.php