大山のぼった

DSC 7868 大山のぼった

大山のぼった。鳥取にある百名山。

ビンタフェチのNが終電でやってきて、深夜に大阪を出発。中国道、米子道に乗ると3時間ちょっとで大山につくそうなのだけど、高速代をケチって下道で行った。うねうねする山道をピューと走ること5時間ほど?、途中すこし仮眠したけれど、大山に着く前にはグロッキーになってしまった。

朝は、鳥取に踏み入れると必ず目にするコンビニ「ポプラ」で弁当を買って食べる。ポプラのお弁当売り場は、おかずだけが並べてあって、それをレジに持って行くと、お店で炊いたご飯を別の容器に大盛り入れてもらえる。ご飯ふっくらしてて美味しい。関西にももっとポプラがあればいいのに。

運転疲れに眠気、寒いし、お腹パンパンの状態で、朝の7時大山入り。大山情報館の駐車場に停める。

車は殆どとまっておらず、大山情報館も8時からでまだ開いてなかった。

DSC 7876 大山のぼった

大山って観光地でひらけてるなーと思った。お土産屋さんらしきお店がたくさんある。

DSC 7922 大山のぼった

登山届を書いて出発。紅葉ははじまりかけ。

DSC 7937 大山のぼった

DSC 7969 大山のぼった

DSC 7988 大山のぼった

コースがクネクネしておらず、山頂に一直線の道だから、すっごく速く登れちゃう。

◯合目の看板が次々でてくる。階段は急だけれど。

DSC 8002 大山のぼった

DSC 8016 大山のぼった

DSC 8025 大山のぼった

天気が悪くて風景を楽しめなかったのだけれど、ここからの展望は「すごい!!!」って2人で声をあげた。行者谷コースとの分かれ目の場所で、綺麗な紅葉の向こうに、土石流が流されたような、天然のダムのような光景。写真うまく撮れず。

DSC 8034 大山のぼった

DSC 8068 大山のぼった

DSC 8071 大山のぼった

7合目で視界がなくなる。なーんにもみえない。

風がゴウゴウと吹いて、ミストっぽい霧だらけ。マイナスイオンなのか。

DSC 8117 大山のぼった

景色を楽しみにしていた木道もご覧のとおり。

これはこれで、異世界へ続く道のようでかっこ良かったけれど。

DSC 8124 大山のぼった

ビンタフェチのNが霞む。

DSC 8126 大山のぼった

避難小屋がうっすら見えたけど素通りして山頂へ。

DSC 8140 大山のぼった

2時間ぐらいで登れた。

何もみえないし、とっても寒いので、駐車場で拾った1人1石運動?の石を置いてから、すぐに小屋に避難。

DSC 8153 大山のぼった

小屋の外の温度計は2度。めちゃくちゃ寒い。プルプル震える。

UCCコーヒー博物館で買ったコーヒー飲んで、羊羹食べて、豚汁うどん食べる。

コーヒー、入れたそばからすぐ冷めた。

DSC 8165 大山のぼった

寒いの我慢して、なんとか小屋を出発し、下山。

下りはたくさん人とすれ違う。悪天候なのに登山者多い。

DSC 8326 大山のぼった

登山口あたりをフラフラしていると、妖怪天井!のような看板があり、つられて入ってしまった。

圓流院。

看板をみて想像してたのとぜんぜん違う!豪華!妖怪だらけ!素敵な絵も飾ってある。

DSC 8327 大山のぼった

ほんとに天井が、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪。

お坊さんがとっても優しくて、「参拝したら足を伸ばして寝転んでいいよ。ごゆっくり」というもんだから、居座ってしまった。

妖怪は自然の精らしく、人間が怠けたりするのを戒めてくれているのだとか。

DSC 8356 大山のぼった

DSC 8359 大山のぼった

「えを画いて下さい」とあったので、かいちゃった。

DSC 8357 大山のぼった

「え」の妖怪。つまさきも「え」になってるというこだわりよう。

われながら、上手くかけたと思う。カワイイ。

圓流院でのんびりした後は、モンベルの服着たまま、モンベル大山店に行き、足湯に浸かり、おみやげをみて、昼ごはん食べて、皆生温泉に入り、仮眠して、下道で帰ろうとするも、途中から諦めて高速に乗ってしまった。

結局、大山は雲に隠れていて、登ることは登ったものの、どんなかたちの山か全く見ることができなかった。伯耆富士、みたかったのになー。

山に登ったことよりも、運転している時間のほうが遥かに遥かに長かったのでした。

大山登る]完了。

大山町観光サイト:http://www.daisen.gr.jp/

圓流院:http://www.enryuin.jp/


2 Thoughts on “大山のぼった

  1. 次は雪の伊吹山ですな
    運転ありがとうございました

コメントを残す

Post Navigation